« ブログのトップページに戻る

変更箇所を記録いたしました

   投稿者 : 2010年8月19日 By

Ver0.6以降より、詳細な変更箇所をまとめたドキュメントをこちらで公開いたしました。
0.5にて行った内容については色分けはされておりません。

Ver0.6は8月下旬リリース予定です。開発バージョンでの試用をしたい場合は開発者プログラムにご参加ください。

要望掲示板にて、追加機能や改善点など随時受け付けておりますのでECサイト構築に興味のある方は是非参加ください。

関連する記事

デザイナーとプログラマーの作業範囲を指定できるようにする... あるサイトに訪問した時、そのサイトの会社(ブランド)のイメージカラーは訪問者にとってサイトのイメージ伝えるためにとても重要です。しかし、従来のEコマースオープンソースではプログラム部分とデザインが分離されていなかったため、完全にデザインをコントロールすることは困難だったと思います。オープンソースで運...
Ver0.3 リリース予告 ハイライト 1月22日の0.2リリースから約2ヶ月間で約150のバグを修正したVer0.3 のリリースが近づいてきましたので、今回リリースするバージョン0.3の内容についてお知らせします。 リリースは4月1日 を予定しています。 コミュニティーへの感謝 まずはコミュニティーへ参加中のメンバー様によっ...
ドロップシッピング – 昭和の問屋から平成のオンライン問屋へ 問屋機能を潰さないための事... ドロップシッピングというと、在庫を持たないでネットビジネスをやっている、、実際に在庫を抱えている小売店舗からすればドロップシッピングなるものはビジネスではない! と小売店の頑固おやじ社長から若者向けに罵声が飛んできそうな感じるがするが、一方でドロップシッピングという仕組みをオンラインで構築し...
デモサイトのバグ報告 現在公開中のカタログ側のデモサイトのバグを本日から受け付けるようにしました。 デモサイトのヘッダーにデモサイトのバグを報告というリンクがありますので、何かお気づきの点があればご連絡ください。 デモサイトのバグはこのページから直接報告することもできます。...
開発バージョンを指定できるようになりました... Web制作者プログラムで本日よりLive Commerceの環境作成を行う際に、開発バージョンの指定ができるようになりました。 開発チームが最新バージョンでバグが修正されたかどうかを以前のバージョンを簡単に立ち上げることによって、簡単に確認ができるようになりました。 今後、Live Comm...
多言語、多地域向けウェブサイト向けのSEO施策... 多言語、多地域向けウェブサイト向けのSEO施策 かなり細かい事なんですが... Googleが先日発表した多言語、多地域向けウェブサイトの国際化対策として、訪問したユーザーの表示言語に合わせてコンテンツを変更する方法の設定がアナウンスされています。 具体的には次の例をご覧くださ...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。