インフルエンサー選びのコツ 第2弾

influencerblog020922

前回は「インフルエンサー選びのコツ 第1弾」として、プラットホームやターゲティングについてご紹介しましたが、前回に引き続き「第2弾」としてインフルエンサーを選ぶ際の役立ち情報をシェアしたいと思います。

これからインフルエンサーマーケティングを始めてみたい人はどうぞご一読ください。

インフルエンサーのフォロアーの特徴を知ろう!

これから「インフルエンサーマーケティング」を初めて見たい方にぜひオススメしたいのは、インフルエンサーの「フォロアーのデモグラフィックスを調べておく」ということです。

デモグラフィックスとは「統計」のことであり、インフルエンサーにどのようなフォロアーがいるのかが分かります。
例えば、フォロアーの年齢、性別、地域などです。

Facebook、YouTube、Instagram、Twitter、TikTokなど、ほとんどのSNSでフォロアーの統計を調べることができます。
また、インフルエンサーがエージェントやインフルエンサー代行サービスを利用している場合はフォロアーの統計を総合的に見ることもできます。

インフルエンサーとファーストコンタクトを取るときに「フォロアーの統計」を教えてもらうことも1つの手です。

demographics
(イメージ画像)

なぜ、フォロアー統計を知る必要があるの?

インフルエンサーの特徴を知るのももちろん大事です。どこの地域に在住しているのか、年齢はどれぐらいなのかなど。

しかし、ブランドが訴えかけたいターゲットはどちらかというとインフルエンサーのフォロアーなのではないのでしょうか。

例えば、男性のインフルエンサーを起用し、メンズの商品を紹介してもらったとします。ところが、フォロアーの80%が女性だったらどうでしょう。
せっかくいいインフルエンサーとコラボしても、見てもらいたいターゲットに届いていない可能性もあるのです。

このように、インフルエンサーのフォロアーにはどういう人がいるのかを知っておくのはインフルエンサー選びに重要なポイントでもあります。

インフルエンサーの居住地を知ろう

「なぜインフルエンサーの居住地を知る必要がなるの?」と思われるかもしれません。しかし、居住地によってフォロアー層が変動することがあるのです。

例をあげましょう。

今年の春頃にアメリカ在住のインドネシア人インフルエンサーさんとコラボをしました。インドネシア人の方ですが、フォロアーの居住地(国別)はアメリカがダントツの1位で65%、2位のインドネシアは13%でした。

この施策での私たちのターゲットしたいユーザーはアメリカ在住の人たちでしたので、アメリカにフォロアーの多い彼女を選びました。

このように、インフルエンサーの国籍だけではなく、居住地もインフルエンサーを選ぶ際のヒントになります。

_________________________________________________

今回は「インフルエンサー選びのコツ 第2弾」として役立ち情報をシェアさせていただきました。

今後も弊社で実際に経験したことをもとにインフルエンサーマーケティングのコツやヒントをシェアしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

ご高覧ありがとうございました。

関連する記事

インフルエンサーマーケティング 実例 第1弾... 前回は 「インフルエンサーマーケティング徹底解剖 第1弾」として、簡単にインフルエンサーマーケティングについてご紹介しましたが、今回は弊社で実践した「インフルエンサーマーケティング」の例をいくつかご紹介いたします。 今後「インフルエンサーマーケティングを挑戦してみたい」と思っている方はぜひ...
ファッション系越境ECで成功するための黄金ルールとは?... 2020年は新型コロナの影響で、世界のファッション業界は大きな打撃を受けた。 アメリカの3~6月の小売売上高は前年同期比7%減であったが、アパレルは55%の減少である。 国内のファッションメーカーでは、レナウンが倒産し、オンワードは700店舗の閉鎖となった。 今後も続くコロナ禍の中、ア...
スマホ・タブレット最適化に「レスポンシブWebサイト」がベストな理由... スマートフォンやタブレットの利用者数の増加にあわせ、Webサイトへのアクセス数のモニタリングから「スマホ最適化の必要性」を実感している人も多いでしょう。 昨年あたりからレスポンシブWebデザインとよばれる、PCやスマホ、タブレットなどあらゆるデバイスに対応するWebページ制作の手法が増えてきました...
加速するアメリカのインフルエンサー事情... 情報入手がテレビなどマスメディアから、パソコン、さらにスマートフォンに変わり、そして、SNSへと変化しようとしている。 広告もその変化に合わせるように、テレビなどのマス広告から、PCデジタル広告、SNSメディア広告、さらに最近ではインフルエンサー広告、つまり、「インフルエンサーマーケティン...
フランスの靴下専門ECによる、虹色のウェブデザイン... 日本国内における、靴下専門のオンラインストアといえば、まず思い浮かべるのがTabioでしょうか。同社のECサイトを見てみると、1列4枚のサムネイル画像を掲載し、各画像に “コンテンツ”を持たせています。例えば、「浅野忠信コラボ」や「オシャレ読モの足もとコーデ」などです。しかし...
海外販路拡大を支援する最新補助金・助成金(2022年6月)...     2022年6月の海外販路を拡大する補助金・助成金ブログはトピックとして、越境EC構築後の集客などを支援する「デジタルツールを活用した海外需要拡大事業費補助金」募集についてと、見本市など海外販路拡大を支援するもの、越境ECなどECサイト構築を支援するもの...

タグ: , , , , , , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。