インフルエンサー選びのコツ 第2弾

influencerblog020922

前回は「インフルエンサー選びのコツ 第1弾」として、プラットホームやターゲティングについてご紹介しましたが、前回に引き続き「第2弾」としてインフルエンサーを選ぶ際の役立ち情報をシェアしたいと思います。

これからインフルエンサーマーケティングを始めてみたい人はどうぞご一読ください。

インフルエンサーのフォロアーの特徴を知ろう!

これから「インフルエンサーマーケティング」を初めて見たい方にぜひオススメしたいのは、インフルエンサーの「フォロアーのデモグラフィックスを調べておく」ということです。

デモグラフィックスとは「統計」のことであり、インフルエンサーにどのようなフォロアーがいるのかが分かります。
例えば、フォロアーの年齢、性別、地域などです。

Facebook、YouTube、Instagram、Twitter、TikTokなど、ほとんどのSNSでフォロアーの統計を調べることができます。
また、インフルエンサーがエージェントやインフルエンサー代行サービスを利用している場合はフォロアーの統計を総合的に見ることもできます。

インフルエンサーとファーストコンタクトを取るときに「フォロアーの統計」を教えてもらうことも1つの手です。

demographics
(イメージ画像)

なぜ、フォロアー統計を知る必要があるの?

インフルエンサーの特徴を知るのももちろん大事です。どこの地域に在住しているのか、年齢はどれぐらいなのかなど。

しかし、ブランドが訴えかけたいターゲットはどちらかというとインフルエンサーのフォロアーなのではないのでしょうか。

例えば、男性のインフルエンサーを起用し、メンズの商品を紹介してもらったとします。ところが、フォロアーの80%が女性だったらどうでしょう。
せっかくいいインフルエンサーとコラボしても、見てもらいたいターゲットに届いていない可能性もあるのです。

このように、インフルエンサーのフォロアーにはどういう人がいるのかを知っておくのはインフルエンサー選びに重要なポイントでもあります。

インフルエンサーの居住地を知ろう

「なぜインフルエンサーの居住地を知る必要がなるの?」と思われるかもしれません。しかし、居住地によってフォロアー層が変動することがあるのです。

例をあげましょう。

今年の春頃にアメリカ在住のインドネシア人インフルエンサーさんとコラボをしました。インドネシア人の方ですが、フォロアーの居住地(国別)はアメリカがダントツの1位で65%、2位のインドネシアは13%でした。

この施策での私たちのターゲットしたいユーザーはアメリカ在住の人たちでしたので、アメリカにフォロアーの多い彼女を選びました。

このように、インフルエンサーの国籍だけではなく、居住地もインフルエンサーを選ぶ際のヒントになります。

_________________________________________________

今回は「インフルエンサー選びのコツ 第2弾」として役立ち情報をシェアさせていただきました。

今後も弊社で実際に経験したことをもとにインフルエンサーマーケティングのコツやヒントをシェアしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

ご高覧ありがとうございました。

関連する記事

インフルエンサーマーケティング 実例 第1弾... 前回は 「インフルエンサーマーケティング徹底解剖 第1弾」として、簡単にインフルエンサーマーケティングについてご紹介しましたが、今回は弊社で実践した「インフルエンサーマーケティング」の例をいくつかご紹介いたします。 今後「インフルエンサーマーケティングを挑戦してみたい」と思っている方はぜひ...
越境EC ロシアのEコマース 先日15日・16日、ロシアのプーチン大統領と安倍首相が山口県長門市と東京都内の2カ所において日露首脳会談が行われた。期待した北方4島の話題はなく、平和条約への姿勢や経済協力についての話題が主な内容だったようだ。日本外交としては得るものがなく、2国間の間にはかなり隔たりがあることを痛感した内容だっ...
これからのECマーケティング:レコメンデーションマーケティング... 情報に溢れたウェブ世界にすっかり疲弊されてしまった私たちは、無意識のうちに情報をフィルタリングするようになっています。その結果、旧来のECマーケティング戦略の多くが通用しなくなっています。では、私たちは一体どんな情報に耳を傾けているのでしょうか。現状を確認しながら、その対応策をご紹介します。 ...
中国のネット通販 2021年までに利用者数8億4,400万人へ増加...   最近の中国と言えばネット通販は急成長している。経済もよくなったため観光客も世界中で増えている。本稿では中国のソーシャルメディア、ネット通販事情について見ていきましょう。 経済 中国の人口は14億人、GDPは11兆ドルであり1人あたりのGDPは8,833ドル、2021年...
越境ECの落とし穴 人口減少社会に突入した今、新たな見込み消費者の開拓に企業・個人が「越境EC」という日本の商品を海外に販売するネットビジネスが今賑わっています。 よく目につくニュースといえば、海外向けの配送に関する利便性などのニュースリリースや、海外モールへの出店に関する業者のサービスリリースや企業間の提携など...
「STORES.jp」と「BASE」 の機能サービスから読み解く、今後のECサイト運営法... 無料かつ簡単にECサイトが構築できる「STORES.jp」と「BASE」が、話題です。毎月、数千店というペースで、これらのサービスを利用して新しいECサイトが誕生しています。そして、その両サービスから毎月のように、新機能や運営サポートのリリースされているのはご存知でしょうか?その内容をみてみると、E...

タグ: , , , , , , , , , ,

コメントは受け付けていません。