インフルエンサーマーケティング 徹底解剖! 第2弾

インフルエンサーマーケティング 実例 第2弾

インフルエンサーマーケティング 徹底解剖!第2弾

今回は「インフルエンサーマーケティング徹底解剖!第1弾」に続き、「第2弾」をお届けします。

「インフルエンサーマーケティングにかかる費用は?」

こんな疑問をお持ちの方は必見です。

インフルエンサーマーケティング はいくらかかる?

インフルエンサーマーケティング を実施するにあたって気になることとして「いくらかかるの?」ということがあると思います。

では具体的に内訳を見てみましょう。

インフルエンサーマーケティングにかかる費用の簡単な内訳は以下の通りです。

• インフルエンサーへの報酬(制作費等)
• 動画や写真の使用料
• 商品をインフルエンサーに送る際の送料、商品の代金

 

インフルエンサーへの報酬

まず、一番大きな出費は何と言ってもインフルエンサーへの報酬ですが、報酬はインフルエンサーのフォロアー数や投稿してもらうプラットホームによって決まります。まずはフォロアー数別のカテゴリーを見てみましょう。

cash

【フォロアー数別カテゴリー】

インフルエンサーはフォロアー数によって以下のようなグループ分けをすることができます。

• ナノ・インフルエンサー:1,000–10,000 人(フォロアー数)
• マイクロ・インフルエンサー:10,000–50,000人
• ミッドティア・インフルエンサー: 50,000–500,000人
• マクロ・インフルエンサー:500,000–1,000,000 人
• メガ・インフルエンサー: 1,000,000人以上

【報酬額の目安 -プラットホーム別-】

インフルエンサーに支払う報酬額はフォロアー数だけではなく、プラットホームによっても左右されます。主なプラットホームとしてはInstagram 、YouTube、Tik-Tok、Facebook、Twitterなどがあります。

目安となる報酬額をそれぞれのプラットホーム別に見ていきましょう。

Instagram
ナノ・インフルエンサー:$10〜$100
マイクロ・インフルエンサー:$100〜$500
ミッドティア・インフルエンサー:$500〜$5000
マクロ・インフルエンサー:$5000〜$10,000
メガ・インフルエンサー:$10,000〜

YouTube
ナノ・インフルエンサー:$20〜$200
マイクロ・インフルエンサー:$200〜$1000
ミッドティア・インフルエンサー:$1000〜$10,000
マクロ・インフルエンサー:$10,000〜$20,000
メガ・インフルエンサー:$20,000〜

TikTok
ナノ・インフルエンサー:$5〜$25
マイクロ・インフルエンサー:$25〜$125
ミッドティア・インフルエンサー:$125〜$1250
マクロ・インフルエンサー:$1250〜$2500
メガ・インフルエンサー:$2500〜

Twitter
ナノ・インフルエンサー:$2〜$20
マイクロ・インフルエンサー:$20〜$100
ミッドティア・インフルエンサー:$100〜$1000
マクロ・インフルエンサー:$1000〜$2000
メガ・インフルエンサー:$2000〜

Facebook
ナノ・インフルエンサー:$25〜$250
マイクロ・インフルエンサー:$250〜$1250
ミッドティア・インフルエンサー:$1250〜$12,500
マクロ・インフルエンサー:$12,500〜$25,000
メガ・インフルエンサー:$25,000〜

ただし、上記はあくまでも目安ですので、必ずインフルエンサーと報酬額を確認しましょう。セレブなどの有名人と提携する場合はさらに多額を請求されることもあります。

(参考:https://influencermarketinghub.com/influencer-rates/)

【写真・動画使用料】

camera

インフルエンサーの投稿した写真や動画をとても気に入ったとして、自社サイトでも「ぜひ使用したい!」と思った場合、インフルエンサーに使いたい旨を伝え、追加で「使用料」が発生するかどうか確認しましょう。

弊社の経験としては、無料で提供するインフルエンサーもいれば、コンテンツ1つあたり料金を請求する人もいます。写真を5、6枚を合計で$100程度請求されたこともあれば、動画1つに$100〜$500請求されたこともありました。

著作権トラブルに巻き込まれないためにも必ずチェックするといいでしょう。

 

【送料と商品の代金】

インフルエンサーに試してもらう商品を送る際の送料は基本的に依頼者(事業主/ビジネス)が持ちます。また、商品も無料で提供するのが通常です。ただし、送った荷物に関税がかかる場合は受け取り側(インフルエンサー)に持ってもらうのが一般的のようです。
金銭トラブルにならないように事前に確認し、明確なコミュニケーションを取っておくといいでしょう。

今回はインフルエンサーマーケティング にかかる費用についてご紹介しました。

次回の「第3弾」では報酬を支払う方法支払いのタイミング、インフルエンサーと結ぶ「契約書」についてご紹介したいと思います。

Live Commerce独自のインフルエンサー代行サービス

私たちは自分たちの実体験から皆様にアドバイスしたり、御社ブランドに合ったインフルエンサーを提案します。

「インフルエンサーマーケティング」を始めてみたい方はぜひ弊社の「インフルエンサー代行サービス」のご利用をご検討ください。

「インフルエンサーマーケティング」の基本についてもう少し知りたい方はぜひこちらもご併読ください。
「インフルエンサーマーケティング 徹底解剖 第一弾」

関連する記事

インスタグラムで顧客とつながろう!... インスタグラム(instagram)は、iPhoneなどのスマホで撮った写真をフィルターと呼ばれるツールでレトロ調にもミニチュア風にも簡単に加工でき、その場でネットにアップできるアプリです。2012年の春には、Facebookにおよそ800億円(10億ドル)で買収されたことでも話題になりまし...
売上アップを目指せ!YouTubeマーケティングの7つのポイント... Eコマースサイトへのアクセスとコンバージョンをアップさせるために、動画コンテンツを配信していますか?動画というのは、画像や文章以上に説得力のある表現力で、商品の特徴を説明したり、使用方法を伝えたりできます。コンテンツ・マーケティングの手法の中でも、動画コンテンツは多くの可能性を秘めています。 ...
インフルエンサーマーケティング 実例 第1弾... 前回は 「インフルエンサーマーケティング徹底解剖 第1弾」として、簡単にインフルエンサーマーケティングについてご紹介しましたが、今回は弊社で実践した「インフルエンサーマーケティング」の例をいくつかご紹介いたします。 今後「インフルエンサーマーケティングを挑戦してみたい」と思っている方はぜひ...
加速するアメリカのインフルエンサー事情... 情報入手がテレビなどマスメディアから、パソコン、さらにスマートフォンに変わり、そして、SNSへと変化しようとしている。 広告もその変化に合わせるように、テレビなどのマス広告から、PCデジタル広告、SNSメディア広告、さらに最近ではインフルエンサー広告、つまり、「インフルエンサーマーケティン...
中国に商品を売りたいメーカー様求む... 2017年、当社は本日で営業終了となります。明日より1月4日まで年末年始休業となりますが、その前に来年早々から景気のいい話を1つお届けます! 中国越境ECマーケティングの鍵 網紅(ワンホン)をご存知でしょうか? 「ワンホン」とは「Internet Celebrity」の意味で、中国に...
インフルエンサーマーケティング バブルか崩壊か... Is the influencer marketing bubble set to burst? 自身の影響力を利用してインターネット上のSNSやYoutubeで他の消費者の購入意思決定に凄まじい影響力を与えるインフルエンサーですが、このマーケティング手法は今後2019年には1000億...

タグ: , , , , , , , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。