インフルエンサーマーケティングの最新トレンド

influencerblog021122

今回は年末にかけて役立てたい最新のインフルエンサーマーケティングのトレンドをお届けします。

年末といえば、ブラックフライデー、サイバーマンデーに続き、クリスマスなど、イベントが盛り沢山です。事業側としては、マーケティングの絶好のチャンスですね。

どんな施策をしようかとお悩みの方はぜひご一読ください。

最新のトレンド「インフルエンサーホワイトリスト」とは?

 

インフルエンサーホワイトリストとは、事業やブランドがインフルエンサーからSNSのアクセス権を付与してもらい、インフルエンサーのSNSアカウントから広告を出すことです。

どんな利点があるの?

①リーチ力

自社ブランドのSNSではなく、インフルエンサーのSNSから広告を出す利点はなんなのでしょうか?

これはズバリ、「リーチ力」です。

SNS登録者数の多い事業であればもこの方法は不要かもしれませんが、フォロアーの少ない事業であればインフルエンサーとのコラボでより多くのオーディエンスにリーチすることができます。

②的確なオーディエンス

また、インフルエンサーは「ウォームオーディエンス」を抱えています。ウォームオーディエンスとはインフルエンサーのファンであったり、インフルエンサーに信頼をおいている人のことです。ブランドの広告だとその商品に興味のない人にもリーチすることがあるため、効果を最大限に発揮できないこともあります。しかし、インフルエンサーの投稿であればフォロアーからの共感も得やすいのです。

③広告っぽくない広告

最近は如何にも広告っぽい投稿よりも、自然体でさりげなく商品が紹介されている投稿の方が好まれる傾向にあります。

④オーディエンスの信頼を得る
SNSユーザーはブランドの投稿よりもインフルエンサーの投稿に信頼を置くとされています。フォロアーの中にはインフルエンサーのファンもおり、「この人の勧めている商品だから、きっと良いに違いない!」と信頼を受けやすいのです。

重要なのはインフルエンサー探し!

ここで重要なのはなんと言っても最適なインフルエンサー探しです。

「インフルエンサーマーケティングのクイーン」と呼ばれるGretta Van Rielさんは3つの「R」が鍵だと言います。

3つの「R」とは以下の通りです。

Reach:リーチ力

Relevance:関連性

Relationship:ブランドやフォロアーとの関係

当然、フォロアー数の多いほどリーチ力も増えます。また、ブランドや商品との関連性も重要です。ファッションアイテムを宣伝したいのであれば、普段からファッションに関する投稿を発信している人がより良いでしょう。また、ブランドとインフルエンサー、またフォロアーとインフルエンサーが良好な関係を築けているかどうかというのも大切ですね。

初対面のインフルエンサーではなく、一度コラボしたことのあるインフルエンサーの方がより安心できるかもしれません。特にアクセス権を付与してもらうわけですから、強い信頼関係を築くことが大切です。

トラブルを回避するために

①契約書を作成
特に越境ECのインフルエンサーマーケティングは外国人との契約になるわけですから、お互いにトラブルを回避し、良好な関係性を保つためにも契約書を用意するといいでしょう。

②報酬を確認
インフルエンサーに支払う報酬は契約書に記載しましょう。コンテンツの作成費用に加えてSNSのアクセス権限も付与してもらいますので、それも費用に加えるといいかもしれません。どのような取り決めにしたとしても事前にしっかりと確認することが必須です。

③期間や締め切り日を確認
これはどんなインフルエンサーマーケティングにも言えることですが、コンテンツを作成してほしい期限をきちんと伝えることは必須です。弊社で過去に行った施策では、なかなかコンテンツが出来上がらない上に連絡も取れなかったということがありました。このような問題を回避するためにも契約書に締切日を明記するといいでしょう。

________________________________________________

今回は「インフルエンサーマーケティング 最新トレンド 2022年 冬」と題して「インフルエンサーのホワイトリスト」についてご紹介しました。今後はホワイトリストをする際に、ビジネスマネージャでどのような設定をしていくかを紹介したいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ご高覧ありがとうございました。

関連する記事

越境ECの落とし穴 人口減少社会に突入した今、新たな見込み消費者の開拓に企業・個人が「越境EC」という日本の商品を海外に販売するネットビジネスが今賑わっています。 よく目につくニュースといえば、海外向けの配送に関する利便性などのニュースリリースや、海外モールへの出店に関する業者のサービスリリースや企業間の提携など...
「アフィリエイト広告」とは? 低価格のSNSマーケティングに最適!...   「アフィリエイト広告」とは? 低価格のSNSマーケティングに最適!   多くのEC事業主は、単一商品を販売している場合を除き、マーケティングリソースの配分に頭を悩ませていることが多いのではないでしょうか。 刻々と変化し続けるEC市場において、どのように商品...
ファッション系越境ECで成功するための黄金ルールとは?... 2020年は新型コロナの影響で、世界のファッション業界は大きな打撃を受けた。 アメリカの3~6月の小売売上高は前年同期比7%減であったが、アパレルは55%の減少である。 国内のファッションメーカーでは、レナウンが倒産し、オンワードは700店舗の閉鎖となった。 今後も続くコロナ禍の中、ア...
現代の消費行動「ULSSAS」に見るUGCマーケティングとは... 今やスマートフォンの普及、SNSユーザーの増大により情報の収集から、情報の発信方法、さらには消費者が購買に至る過程にも変化が生じている。 これまでの消費行動モデルといえば、インターネット広告を中心にした「AISAS(アイサス)」やSNSの口コミが大きく影響する「VISAS(ヴィサス)」など...
Eコマースサイトのコンテンツを豊かにする5つの方法... 改めて言うまでもなく、Eコマースにおいてコンテンツマーケティングはとても重要です。優れたコンテンツはユーザーの信頼を集め、ブランド力を高めてくれるだけでなく、ユーザーに情報を提供し続けることで、ユーザー間にシェアされやすくなり、検索ランキングも高めてくれます。 とはいえ、コンテンツを豊かにするため...
インフルエンサーマーケティング バブルか崩壊か... Is the influencer marketing bubble set to burst? 自身の影響力を利用してインターネット上のSNSやYoutubeで他の消費者の購入意思決定に凄まじい影響力を与えるインフルエンサーですが、このマーケティング手法は今後2019年には1000億...

タグ: , , , , , , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。