「アフィリエイト広告」とは? 低価格のSNSマーケティングに最適!

 

「アフィリエイト広告」とは? 低価格のSNSマーケティングに最適!

 

多くのEC事業主は、単一商品を販売している場合を除き、マーケティングリソースの配分に頭を悩ませていることが多いのではないでしょうか。

刻々と変化し続けるEC市場において、どのように商品の認知度を高め、売れ筋商品の売り上げを伸ばし、売れない商品をPRしていけばいいのでしょうか。

この記事では、「アフィリエイト・マーケティング」の基本と、アフィリエイトのメリットとデメリットについて解説します。

 

「アフィリエイト広告」とは?

 

アフィリエイト広告とは、端的にいえば、ブロガー、ネットユーザー、KOL、個人などのプロモーターをインターネットを通じて「味方」に誘い、プロモーターが所有するウェブサイトやソーシャルメディアのプラットフォームで、事業やブランドの商品を販売してもらったり、商品やサービスのPRをしてもらうことです。 この「味方」には、実際の売上コンバージョンに応じて一定のコミッションが支払われます。

アフィリエイト広告と通常の広告手法の大きな違いは、広告は通常、露出度やクリック数、期間などで価格が決まり、ROIが大きく変動する場合があります。 一方、アフィリエイト広告の一般的な価格設定方法としては以下のようなものがあります。

 

CPA(Cost per Action)- 完了したアクションの数に応じた価格設定

CPL(Cost per Lead)-  顧客リスト獲得数に応じた価格設定

CPS(Cost per Sale)- 販売実績に応じた価格設定

 

広告主・事業主にとってのメリットは?

 

広告主・事業主にとってのアフィリエイトの最大のメリットは、適切なパートナーを見つけることができれば、味方の影響力によってより早く認知度を高めることができるだけでなく、味方自体が質の高いトラフィックをもたらし、既存のオーディエンスとブランドのターゲット層が重なることで、効率の良いパフォーマンスコンバージョンにつながる可能性を秘めていることです。

したがって、アフィリエイトは、比較的低コストで、リスクが少なく、正確に定量化できるマーケティングモデルであり、ECブランドの事業主が長期的に投資する価値のあるものです。

 

アフィリエイトを始めるにあたり、どのようなことに気をつければいい?

 

まず、広告主・事業主は自社のマーケティングファネルをよく理解し、各プロセスにおけるコンバージョン率をできる限り把握することで、強い味方を集め、ECブランド企業にとって強力な「外部マーケティングリソース」となる可能性を秘めたアフィリエイト価格を設定することができるようになります。

一方、「潜在的な味方の開拓」が条件となるため、月単位や四半期単位で成果や支払いを計算する人件費もかかり、アフィリエイトはある程度の規模、おそらくネットワークリーダーレベルの重要な味方が数人、もしくはそれ以上の人数がいなければ採算が合わないのです。

また、ECブランド企業が自社サイトのプラットフォームを利用する場合、成果を算出するためのトラッキングの仕組みの開発や、金の流れを繋ぐための作業など、技術的なハードルが高くなります。

 

アフィリエイト専門との提携で最大限の価値を実現!

 

ECブランド企業にとって、ECシステムを利用するのと同様、アフィリエイトマーケティングプラットフォームと連携する最大のメリットは「時間と手間を省くことができる」ということです。

開発における多くの時間と労力を節約し、プロのプラットフォーム・パートナーに信頼できる技術とサービスを提供してもらうことで、ECブランド企業は運営とマーケティング活動に集中し、自由に使えるあらゆるリソースを最大限に活用してビジネスを成功させ、市場領域を拡大することができるのです。

 

アフィリエイト広告を始めるにはどうしたらいいですか?

 

さらに詳しいアフィリエイト広告について情報をお知りになりたい方は、下記よりお問い合わせください。

https://partner.discovery-japan.me/service/contact.php

弊社のアフィリエイト広告のご依頼については、下記リンクをご確認ください。 

https://partner.discovery-japan.me/service/

 

関連する記事

インフルエンサーマーケティング 徹底解剖! 第2弾... インフルエンサーマーケティング 徹底解剖!第2弾 今回は「インフルエンサーマーケティング徹底解剖!第1弾」に続き、「第2弾」をお届けします。 「インフルエンサーマーケティングにかかる費用は?」 こんな疑問をお持ちの方は必見です。 インフルエンサーマーケティング はいくらか...
越境EC ロシアのEコマース 先日15日・16日、ロシアのプーチン大統領と安倍首相が山口県長門市と東京都内の2カ所において日露首脳会談が行われた。期待した北方4島の話題はなく、平和条約への姿勢や経済協力についての話題が主な内容だったようだ。日本外交としては得るものがなく、2国間の間にはかなり隔たりがあることを痛感した内容だっ...
越境EC、企業の主力ビジネスへ 明けましておめでとうございます。 今年もLive CommerceとDiscovery Japan、そして当社をよろしくお願いします。 米トランプ新大統領が1月20日に正式に就任が決まっています。 昨年11月の選挙以降、米国のハイテック系株式市場では、株価下落が続いておりfaceboo...
インフルエンサー選びのコツ 第一弾... 「インフルエンサーとコラボしたいけど、どうやって選べばいいか分からない」 今回のブログはそんな疑問をお持ちの方に必見です! 近年は「インフルエンサーマーケティング」の人気が増しています。副業やお小遣い稼ぎ程度にインフルエンサーをやっている人もいれば、本業としてやっている人もいます...
中東・アジア向け海外ECサイトから学習したこと... 現在、海外向けECサイトとして自動車のパーツ販売サイトをクライアントに代わって運用しているのだが、この2ヶ月ほどでFacebookとGoogle AdWordsのどちらがいいのか比較検証をし、Google AdWordsのほうが圧倒的に多くなるのではと想定していたのだが、コンタクトの流入元はFace...
越境ECで「どの国が売れそうですか?」という質問自体がナンセンス... タイトルの通り、その理由をこの投稿でシェアしたいと思います。 一般的に言えば、マーケティングやプロモーション担当者はどんな所に需要の生息があるのかまずは必ず調べることだと思います。 例えば、日本国内で化粧品を開発しているメーカーなら、20代の女性向けか30代の女性向けかとか年齢や性別、どうい...

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。