定期購入システム導入でリピート注文を大幅アップ!

ECサイトの収益アップは、リピート購入客を獲得できるかどうか

定期購入システム

 

通販事業を拡大する為の必須システム通販事業を拡大する為の必須システム

お試し商品から本商品への誘導や、毎月同じ商品を必要とする消耗品ビジネスにおいては、「定期購入システム」が最重要であることは周知のとおりです。

化粧品やコンタクトレンズ、サプリメントなど消耗品ビジネスでは定期購入の仕組みを導入することでユーザーへ高い満足度を提供することが可能になります。

特に欧米では、このビジネスモデルを採用する専門ショップが急増してきており、新たな買い物スタイルとして流行しつつあります。女性向けのファッションサイトでも、衣類、化粧品、靴、アクセサリーなどを詰め合わせたサブスクリプション・サービスが多数登場して、物販業の新たな収益モデルを形成しています。

SoleSocietyは、靴の販売を専門とした定期購入販売で、月額 49.95ドルの会費を払うと、毎月1足の靴が送られてきます。登録時には、自分の足のサイズと、好みのファッションスタイル(クラシック、エレガント、ボヘミアン、モダンなど6種類)を選択しておくと、ショップ側が、そのスタイルに合う靴を選定して毎月発送します。 1足あたり 49.95ドルという値段は、単品で買うよりも安く、すぐに靴が傷んでしまうキャリアウーマンなどには、便利なサービスといえる反面、毎月送られてくる中には、自分のセンスに合わない靴があるかもしれません。その場合には、送料無料で靴を返品することが認められており、当月の会費(49.95ドル)も返金されます。また、デザインは気に入っているけれど、サイズが合わない、色違いの靴に交換してもらいたいといった要望にも、可能な限り応じてもらえるというビジネスモデルを定期購入で実現している例もあります。

 

定期購入ビジネスモデルを採用する理由

定期購入システムをビジネスモデルとして採用する理由とは?

定期的に商品を購入してくれるビジネスモデルの本質は、経営の安定化です。
もし、定期購入システムがない場合、毎回ECサイトで購入手続きの作業を顧客側にしてもらうことになるか、または新規顧客を追い続けなければなりません。リピート客がいくら多かったとしても、毎回購入してもらう処理は顧客側に決定権があるため、売上が安定しません。

一方、定期購入システムに顧客が毎回購入する商品を登録してしまえば、顧客は毎月欲しい商品をわざわざ購入する手間すらありません。さらに、定期購入に限り送料無料や通常価格よりも20%割引などの特典を付けることで定期購入の方にメリットを感じてもらえるように販売すれば、顧客ベネフィットは向上し、企業は毎月の売上が安定します。

 

多言語対応、世界中から定期購入注文を受注OK多言語対応、海外からも定期購入注文を自動受注可能

Live Commerce が提供する定期購入システムでは、多言語に対応しています。
英語、日本語、簡体字、繁体字の4言語で定期購入のサービスをお客様へ提供可能です。また、円、ドル、元、ユーロ等、あらゆる通貨で定期購読の決済(PayPal使用時のみ)を行うことができます。

 

多言語対応、世界中から定期購入注文を受注OKマイページからキャンセル可能

定期購読中の内容は、マイページから参照することができます。
また、マイページからお客様はいつでも定期購読をキャンセルすることも可能です。

2回目以降の注文時には自動で受注メールが送信されます。

 

通販事業を拡大する為の必須システム素早く定期購入通販サイトを開始できます

商品登録時に定期購入のタブをクリックして、チェックを入れるだけで、商品ページには定期購入のボタンが表示されます。

定期購入ではまとめ買い割引の設定が行えます。

 

 

 
定期購入 注文オンラインデモ
page top