« ブログのトップページに戻る

多言語、多地域向けウェブサイト向けのSEO施策

   投稿者 : 2013年5月3日 By

多言語、多地域向けウェブサイト向けのSEO施策



かなり細かい事なんですが…

Googleが先日発表した多言語、多地域向けウェブサイトの国際化対策として、訪問したユーザーの表示言語に合わせてコンテンツを変更する方法の設定がアナウンスされています。

具体的には次の例をご覧ください。ウェブサイト example.com には、次のように世界各地のユーザーを対象としたコンテンツがあります:

 

Map of the world illustrating which hreflang code to use for which locale

 

この場合、ウェブマスターは サイトマップ または HTML リンク タグで rel-alternate-hreflang を使用して、次のようにこのページ セットにアノテーションを付けることができます:

<link rel="alternate" href="http://example.com/en-gb" hreflang="en-gb" />
<link rel="alternate" href="http://example.com/en-us" hreflang="en-us" />
<link rel="alternate" href="http://example.com/en-au" hreflang="en-au" />
<link rel="alternate" href="http://example.com/" hreflang="x-default" />

Live Commerceの次回バージョン1.9ではこの国際化対応をサポートしています。
多言語サイトを運用する場合は、”例えECサイトでなくても” Live CommerceをCMSとして採用すれば、こういった細かいSEO対策も標準で対応しています。

Live CommerceはECサイト以外にも、ページ管理機能から通常のコンテンツページを作成できます。(WordPressのページ機能のが入っている様な感じ)

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。