いいデザインは「余白」をうまく使っている!

イメージ画像

グラフィックデザイン、WEBデザインにおいて、「余白」を意識しデザインすることは重要な要素である。「余白」が計画的かどうかで「見やすさ」が大きく左右される。
今回は、デザイン4原則の整列、近接、繰り返し、コントラストのプラス1要素として「余白」を取り上げたい。WEBデザインはこの「余白」を積極的に使うことで情報を見やすく、読みやすく出来るのだ。

「余白」の効果は次の3点が主なところである。

  • 見出しテキストなどの情報にまとまり感が出る。
  • 情報と情報、コンテンツ内容の切り分けをつけることができる。
  • デザインの品がよくなる。

 

1.「余白」は「図」の独立性を高める

下の例を見てみよう。左はタイトルやコピーやイラストの回りに「余白」が少ないものだ。文字は大きいが、とても窮屈で読みにくくなることがわかる。むやみに文字を大きくすれば、読みやすくなるというものではない。
右のようにゆとりをもって「余白」を意識的に設定することで、文章や、図、タイトルの独立性を高め、見やすく、読みやすいデザインにすることができる。

余白を作る

 

2.「余白」の取り方

内側の余白は外側の余白より狭くする。さらに同じグループになるコンテンツは近接させ、別グループのコンテンツは逆に余白を大きくとる。
そうすることで、人は無意識的に、「集まっているものは同じグループ」として認識し、情報をまとまりとしてとらえ、全体的に見やすくなり、内容もわかりやすくなるのだ。

余白の取り方

 

3.「余白」をうまく使ったWEBデザイン

余白をうまく使ったデザインで代表的なWEBサイトといえば、Appleではないだろうか。余計なものをなくし、余白をたっぷり使い、必要なものを計画的に配置している。
デザインはスッキリしているということが大事である。この“スッキリ”の傾向が最近のWEBサイトデザインでは特に求められるところではないだろうか?

アップル
Apple

レ_ポーター
re.porter

細野
株式会社 細尾

デザイン_あ
デザイン あ

 

まとめ

「余白」=ホワイトスペースは目立たない「地」の役割をする重要なデザイン要素である。図としての写真やテキストブロックを効果的に浮かび上がらせ、また、美しいバランスや分かり易い情報の流れを演出する為には「余白」を上手にコントロールし、利用することがとても重要である。
越境ECサイト構築の際にはこの「余白」を意識し、デザインに活かしていただきたい。

関連する記事

越境ECサイト・国内ECサイトのCMSを比べてみた... 経済産業省が発表した2017年の日本の国内BtoC市場は、16兆5,054億円と前年より9.1%上昇し、さらにEC化率も5.79%(物販分野)と伸長している。 しかし、EC化率(ECの売上が小売全体の売上に占める割合)は世界に比べるとまだまだ低いという現況がある。 ちなみに、EC化率の高...
今さら聞けない? SEO内部対策の基本 前回はユーザビリティについて書いたが、今回はSEO対策についても再確認してみたいと思う。こちらもユーザビリティと同様に継続的な見直しが必要な項目である。SEO対策とはズバリ、googleなどの検索エンジン対策である。 検索エンジンは日々サイト内の情報を収集し、その情報やコンテンツは評価され、...
多様化するECサイトの決済サービス ECサイトにおいて、決済サービスの選択肢をたくさん揃えておくことは、お客様を逃さない、コンバージョン率向上の重要な要因である。 実際の調査データでも、ECサイトで商品を購入しようとした際、希望する決済手段がないため、別サイトで購入した。または、買い物自体をやめたという割合は、49.8%(マ...
「GDPR対策」の為のGoogleアナリティクス設定はどうするの?... 今年5月25日、「Google Analyticsのユーザーデータとイベントデータが自動的に削除されるようになります。」というアナウンスがあった。 削除対象は、ユーザーやブラウザといった「プライバシーに関連するデータ」である。このGoogle内容は、EU域内で取得された個人情報に関する法律...
売れるスマホECサイトを作る10の法則 Googleは今年2015年4月21日から、Webサイトが「モバイル・フレンドリー」の状態であるかどうかを検索結果に反映させると発表した。これはスマホ対応されていないサイトやページは今後、検索上位になることは難しいことを意味する。 さらに、今後は自宅のパソコン利用より、スマホからのECサイト...
中国最大、モールサイト! T-mall(天猫)について調べてみた... 中国最大のインターネットショッピング・モールとして有名なのは、アリババグループの「T-mall(天猫)」である。アリババグループは2014年10月にニューヨーク証券取引所へ上場した。T-mallは7万を超える店舗、会員数6500万人、流通総額は8兆3325億と、その規模はとてつもない。 T-...

タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ