« ブログのトップページに戻る

驚きや感動、安心をお届けする、おすすめ定期購入サービス5選

   投稿者 : 2013年6月10日 By

その道のプロや生産者が目利きした商品を定期購入できる通販サイト「BoxToYou」が、Yahoo!ショッピングとの連携や資金調達等のニュースで話題を呼んでいます。海外ではすでに注目を集めているオンラインの定期購入ですが、日本でも徐々に増えてきています。

今回は、ミネラルウォーターやお米、トイレットペーパーなどの消耗品を定期的に届ける定期購入サービスではなく、目利きの商品、商品やサービスにコンセプトをもったユニークな定期購入サービス5つをご紹介します。

おすすめの定期購入サービス5選

1.Sakelife

創業から25代も続く老舗酒屋が行う日本酒の定期購入サービスです。厳選した日本酒と、お猪口や徳利などの酒器を届けています。日本酒の楽しみ方や生産風景の紹介、お酒の疑問に答えるサービスを付加することで、日本酒に馴染みのない人を取り込む工夫も施されています。

2.おかん

体調・健康を気にしている人、忙しくて食事の準備ができない人向けに、無添加のおかずを届ける定期購入サービスです。保存は1ヵ月と限定されますが、翌月にはまた新鮮な惣菜を届けられるため、保存料が含まれた長期保存ができるレトルト食品との差別化が出来ています。

3.CandyJapan

海外居住者向けに、日本の駄菓子を届ける定期購入サービスです。フィンランド出身者が、旅行先のお土産を、希望者に届けて生活費を得ようというアイデアからスタートしました。発送された駄菓子は「ミステリースイーツ(謎の駄菓子)」として、オンラインサイト上で紹介することで、新たなユーザーに興味を注ぐ工夫も施されています。

4.Yamory

東日本大震災のボランティア活動をきっかけに立ち上がった、非常食を届ける定期購入サービスです。災害に備えることは大切と思いつつも、何を用意すればいいのか分からない、賞味期限切れを避けたいけど、数か月先のことまで覚えていられないという課題を解決します。

5.トラ男一家

秋田の若手米農家集団がお米と、稲作体験、会員同士のイベント参加の権利を提供する定期購入サービスです。トラクターで駆ける自分たちを「トラ男」、ユーザーを「ファミリー」と呼び、農家とユーザーが相互に支え合えるコミュニティ形成に力を注いでいるのが特徴です。

まとめ

継続的な売上、価格競争からの脱却、ユーザーとの長期的なコミュニケーション機会が期待できる定期購入は、今後ますます増えていくでしょう。ただし、商品を定期的に届けるだけでは、これらの成果を上げることは難しいです。ご紹介した5つのように、「商品に特徴をもたせる」「生産風景やストーリーに共感してもらうコンテンツを発信する」などのように、付加価値やとがったコンセプトを打ち出すことが必要です。

自社の商品は定期購入には向いていないと決めつけてはいませんか?商品単体で考えるのではなく、消費者の求めている本当のニーズ、消費者が期待しているユーザー体験、商品にまつわるストーリー(付加価値)などを、一度見直してみてはいかがでしょうか。


関連する記事

今さら聞けない! 定期購入カート導入のポイントは?... 当社、開発のLive−Commerceでも後発ながら、4月より定期購入カートを実装できるようになる。 定期購入とはオンラインショップにおいて、お客様が決めた日に、希望の商品を配送する便利な購入方法である。 定期購入に適する商品は化粧品など日常的に消耗する商材、サプリメントや健康食品などであ...
定期購入制で躍進するECサイトのビジネスモデル... サブスクリプション(Subscription)型に対応したECサイトは、雑誌の定期購読のように、消費者がそのショップに定期購入の申込みをして、月々の会費を払い続けることで、ショップ側が選定したオススメ商品(またはシャンプーやコンタクトレンズのような消耗品)が毎月届く仕組みです。 定期購入販売とは?...

タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。