eBayで40億売った男

amazon輸出やeBay輸出で日本のものを海外に売るという副業が流行ってますが、これもこの1年で終わり、もしかしたらすでに限界なのでは、、、と言うのが私の直感。
どの業界でもそうだけど、うまくやっているのは1%ぐらいでしょう。

最近、法人からeBay海外販売の相談が増えまして、eBay周辺情報を最近特に調べ始めた私ですが、いい本を見つけました。
eBayで14年間で40億を売った男(Nick Vulich)が書いたeBay 2014: Why You're Not Selling Anything on eBay, and What You Can Do About ItをKindleで拝見しました。成功者はどんなものなのかと。

送料無料はぜんぜん効果ないとか、、、商品画像はeBayだとこう撮らないといけない、、、かいろいろ参考になる情報がありますね。
英語ですが、とても参考になると思うので、eBayやっている人なら一度読んでみるといいと思います。

さて、フィリピンでの元eBay担当者を採用した記事を書きましたが、今彼女と一緒に煮詰めているのが、独自に開発したリサーチツールです。
日本語ができない外国人でも価格リサーチとebay出品ができるツールが欲しくて、勝手に開発したって感じ。まだ実験検証段階で、100%とは言い切れないですが、
正直うまく行きすぎたかも。。

ああ、これなら2人、3人と人を単純に増やすだけでビジネスが簡単にスケールしてしまう、、、

どういうものかというと、ヤフオクで海外に売れる商品を探せるツールです。

オートメーション化を最初から念頭に入れているので、彼女達が出品価格設定、利益設定、eBayとヤフオクの終了時間の自動監視設定、を全部できる様になっています。商品を決めたら彼女達が出品ツールを使って勝手に出品してくれる訳です。
出品後に、ヤフオク仕入れアイテムの終了時間とeBay出品アイテムの終了時間をシステムが自動監視してどちらも在庫切れがない状態に保てるので、まじ便利。

 

日本側は売れたのを仕入れて送るだけという極限まで日本側の負担を減らしたツールです。

PS、

この記事は、ブログで公開できる一部の情報です。

こうしたウェブサイト担当者にとって役に立つ記事を本ブログでは定期的に発行しています。
メールマガジンに購読していただきますと、ブログでは投稿できない情報も流しています。

関連する記事

eBay海外販売 -送料無料プロモーションのやり方... オンラインストアで商品購入をした際、配送料を心配したことがありませんか? あなたが売り手になった時には配送料をいくらにすべきなのか意識するべきでしょう。 というのも、eBayの配送料に関するオプションをうまく操作することで、eBay海外販売をもっと成功させることが出来ます。今日は、その例...
eBay・amazon.com で販路拡大 Live Commerceで受注一元管理 出店トライアル... eBayとAmazonで販売した受注データをLive Commerceの管理画面で一元管理することができるようになりました。 現在、私が管理している大手2社のアカウントにて運用をしておりますが、受注後は各モールの管理画面に一切ログインする必要がなく、Lvie Commerce の慣れた管理画面から...
eBay 1人でやっている時が最も稼げる、組織化できる起業家は少ない... サラリーマンの給与が上がらない時代。こうした背景が米eBayで日本の中古品をヤフオクで仕入れて転売する、2015年の一時的に円安もあり追い風となり週末起業家や副業でやっている個人がこの数年で急増した。 しかし、これはゼロサムゲーム※であり、資本力に乏しい個人事業主がこの事業に挑戦しても数年でお...
スマホ上でトレンドとなっている”努力の無い商売” Zero Effort Commerce... スマホ上では努力の無い商売が標準化しています。これは日本で言うメルカリのようなビジネスが習慣化することです。 メリカリとは、スマホ上でフリマで必要な写真投稿から説明文、ユーザーとのコミュニケーションまでを全部完結できてしまうアプリのことです。売り手は販売する努力というよりも楽しんで売っている...
eBayとサザビーズが遂に提携-プレミアムアート&コレクションを世界中のバイヤーに。... アメリカも夏真っ盛りで、夏休みモードいっぱいです。 特にサンディエゴは青い空と海に囲まれて、開放的な空気でいっぱいです。本日は「なんで今までなかったんだろう?」というくらい2つの世界的に有名なオークション会社、オンラインオークションサイトのeBayとロンドン発祥の世界的に有名なオークション...
越境ECの落とし穴 人口減少社会に突入した今、新たな見込み消費者の開拓に企業・個人が「越境EC」という日本の商品を海外に販売するネットビジネスが今賑わっています。 よく目につくニュースといえば、海外向けの配送に関する利便性などのニュースリリースや、海外モールへの出店に関する業者のサービスリリースや企業間の提携など...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント / トラックバック2件

  1. takahiro sugimoto より:

    なんとなく貴殿のサイトに漂着いたしました。
    ぜひ、メルマガ登録希望です。
    宜しくお願いします。

  2. 大塚孝二 より:

    メルマガの登録はこちらから行えます。
    http://www.live-commerce.com/newsletter/

コメントをどうぞ