香港のネット通販 2020年までに利用者数444.6万人へ

   投稿者 : 2017年6月22日 By

世界銀行によれば香港は独立国家ではないが、世界で16番目に豊かな領土である。 本稿では香港のソーシャルメディア、ネット通販事情について見ていきましょう。

経済

香港の人口は720万人、GDPは2740億ドル、1人あたりのGDPは42,423ドルで、今後数年間でさらに成長すると見込まれている。

香港は世界有数の金融センターであり、世界貿易機関(WTO)の正式メンバーであり、中国と世界の他の国との間の貿易にとって不可欠な役割を果たしている。

ネット通販を利用するユーザーは366万人、2020年には444.6万人へ増加、一人あたりの年平均購買価格は1,201.73ドルで、2020年には1,501.93ドルと予測されている。Eコマースを利用するユーザは56.53%と意外に低く、今後持続的な成長の余地が残されている。

香港のネット通販利用者数の推移(単位: 百万人)

Eコマース市場規模・商品カテゴリ

この投稿の続きを読む »

タグ: , ,
カテゴリー: Eコマース, Hong Kong | コメントはまだありません »
 

海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.June)

   投稿者 : 2017年6月20日 By

イメージ画像

補助金・助成金とは国や地方自治体が資金支援する返済不要のお金である。
補助金と助成金の違いは、補助金は予算があり、要件があっても受給できない可能性があり、助成金は要件があれば受給できる。 注意点は、銀行などの融資と違い、申請が認可されるとすぐにキャッシュが振り込まれ、使えるというものではない。
事業拡大のためなどに使用した経費内容を事後報告し、それが確認された後に受給できる、後払いによる受給といった点である。
今月も海外の展示会などに出店する費用や越境ECサイト構築のための補助金・助成金などについて、どのような申請募集があるかをまとめてみた。
特に、今回は「IT導入補助金」、「平成29年度海外ビジネス戦略推進支援事業」、「平成29年度海外事業再編戦略推進支援事業」など6月30日で締め切られるものがあるので、注視していただきたい。

この投稿の続きを読む »

タグ: , , ,
カテゴリー: 未分類 | コメントはまだありません »
 

越境EC 中国配送モデル「直送モデル」と「保税区モデル」とは?

   投稿者 : 2017年6月15日 By

イメージ画像

中国越境EC市場は急拡大を続けており、経済産業省の発表によると、2016年日本から中国消費者が越境ECを利用し購入した金額は1兆366億円に達したとしている。
中国へ進出する手段として、越境ECへの注目度は高く、昨年から天猫国際(Tmall)や京東全球購(JD Worldwide)など中国ECサイトに出店するケースが多くなっている。
中国消費者は日本製品に信頼があり人気が高く、今後、中国EC市場はますます活性化が予想される。中国市場に向け越境ECを考えるのであれば、その市場の動向を知ることは必須だろう。
今回は中国越境ECと関わりが大きい中国の配送モデル「直送モデル」と「保税区モデル」と新税制度度の関連についてまとめてみた。

この投稿の続きを読む »

カテゴリー: 中国EC, 未分類 | コメントはまだありません »
 

マレーシアのネット通販 2021年までに利用者数2000万人へ

   投稿者 : 2017年6月13日 By

この記事ではマレーシアのネット通販事情について見ていきましょう。

経済

マレーシアの人口は約3000万人、GDPは2,960億ドルである。1人当たりGDPは10,757ドルで、2021年には15,492ドルに達すると予想されている。2015年から2021年にかけて8.4%以上の高いCAGRを示すと予測されている。

ネット通販を利用するユーザーは1500万人、2021年までには さらに500万人へ増加し2,000万人に達する。インターネットユーザーは人口の77%に達すると予測されている。ネット通販の平均消費額は74ドルで2021年までに129ドルへ増加する見込みである。

マレーシアのネット通販利用者数の推移(単位: 百万人)

Eコマース市場規模・商品カテゴリ  この投稿の続きを読む »

タグ: , , ,
カテゴリー: Malaysia, 未分類, 海外向けマーケティング | コメントはまだありません »
 

2017年 WEBデザイントレンドまとめ

   投稿者 : 2017年6月8日 By

イメージ画像

今年も6月に入り、梅雨シーズン到来である。
2017年も半ばを過ぎようとしている今回は、久々に「今年、WEBサイトで注目されているデザインは何か?」をまとめてみた。
2016年のデザインキーワードはシンプル、マテリアルデザイン、パララックスなどであったが、2017年はこの潮流はどのように継続され、変化を見せているデザインは何かなど、気がついた点などをまとめてみた。

この投稿の続きを読む »

カテゴリー: 未分類 | コメントはまだありません »